加瀬田聡 またの名を    『かせっち』のパーカッションどっぷり生活などなどをお届けいたします。
by sato-de-perro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
ライブスケジュール
2012年



☆ライブ・レッスン等の詳細はこちらまでお問い合わせください。
satoshi_kaseda@excite.co.jp

以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

リハ週間
週明けはライブが目白押し。
今週はそのリハが集中して入ってました。

3/3はひさびさの高田エージさんのライブ。
しかも、今回はレコーディングライブなので2日間みっちりスタジオ入りました。
新曲もすごくいい感じだし、なんたって参加メンバーの数がハンパない。。。
20人くらいいるのかな??
いつもながら大盛り上がりのライブになるんだろな~

そして次の日は今年1発目のSALSA SWINGOZA
しかも、今回は3/4@クロコ、3/6@名古屋と2本立てです。
盟友ブンテイさんのお店Graciasの10周年記念イベント。

僕がGraciasに行き始めたのが9年前くらいから。
よく会社抜け出して昼間から遊びに行ってました。

う~ん、、、感慨深い・・・・


そして、SWINGOZAに挟まれた3/5(土)は僕がパーカッションを始めた
日本大学リズム・ソサエティ・オーケストラのリサイタル。
今年はなんと記念すべき50回目のリサイタルということで、いつもなら1つしか出演しないOBバンドが3つも。
マンボ、ラテンロック、ラテンジャズとかなり気合入ってます。
OB総数60名以上!!!
日本のラテンの歴史が3つバンドを通して聞けます。

今回出演する歴代のOBには、元T-SQUAREのサックスプレイヤーの伊東毅さんを始めプロミュージシャンも多数参加します。
僕はラテンジャズバンドでイラケレ叩きます。

場所は新宿文化センター大ホール。
入場無料なのでぜひ遊びに来てください。
c0152777_9151716.jpg

[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-27 09:18 | 音楽
いとこ同士
先日のミホ・イ・ラ・カーニャ@経堂マレット、満員御礼!
ありがとうございました。

今回は、ゲストに沖縄の三線(さんしん)奏者のさんちゃんを迎えてのライブ。
沖縄とキューバって気候や人柄も似てるけど、音楽も通じるものがあるんだな。
末永さんのオリジナル「入船」に三線を入れてもぜんぜん違和感なし。
むしろ奥行きが増してさらに哀愁漂う曲になりました。

サルサとキューバ音楽がいとこ同士であるように、沖縄音楽もいとこだと思う。
相性がいい。

次回のミホ・イ・ラ・カーニャのライブは3/26(土)キューバンカフェにて。
オリジナルもどんどん増えてます。
今現在でオリジナル数10曲で、今年中にはレコーディングも計画中!

さぁ~盛り上がってたぁ~!
c0152777_16245165.jpg

[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-21 16:26 | 音楽
KABUKI
行って来ました、歌舞伎。
歌舞伎座は改築工事中なので、会場は「ル テアトル銀座」
市川亀治郎主演「二月花形歌舞伎 お染の七役
タイトル通り、亀治郎さんが一人七役をこなし、劇中で早替わりするという作品。

歌舞伎は初めてだったけど、セリフもけっこう意味わかったし、なにより面白い。
早替わりにいたっては、最初に変わるときはまったく気づかなかった・・・
2回目以降は目を凝らして見てたから見逃すことはなかったけど、
着替えにほんの12、3秒しかかかってない。
女役から男役、そして別の女役へ。。。ってな感じで。
しかも声の高さも違う。話し方、仕草、性格、七人七色。

着物やかつらは黒子さんがやってくれるんだろうけど、声や仕草を使い分けるのは自分自身。
よく頭が混乱しないなって思う。

今までテレビでしか見たことなかった市川亀治郎さんと市川染五郎さん。
初めて本業やってる姿を拝見しました。
見得を切るところなんか圧巻だったな。

すげ~っす!
これぞ日本を代表する芸術なんだな。

最近、時代劇といい歌舞伎といい『和モノ』に凝ってます。
c0152777_112345.jpg

[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-18 11:02 | 遠吠え
スタッドレス、強ぇえ!
昨日のCASAGENのライブ、満員のお客さんで盛り上がってましたが2ndステージのあたりから
ガラス越しに見える外の景色がみるみるうちに雪景色に。
ライブが終わって楽器を片付けてるときには歩道には5cmくらいの積雪に。

国道246号で帰ろうと思ったけど、大渋滞で断念。
ちょっと恐かったけど生田の山越えルートで帰りました。
途中、いろんなところで立ち往生してJAFにレッカーされてる車や
坂道が登れなかったのか道路脇に乗り捨てられてる車がありました。

家に帰ったのは午前2時だったけど、スタッドレス履いてたおかげでまったく問題なしっ!
やっぱすげぇ~わ、スタッドレス。

さて、明後日は人生初の『歌舞伎』を観てきます。
歌舞伎そのものも楽しみだけど、舞台装置や音楽もいろいろ勉強してきます。
c0152777_22323384.jpg

[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-15 22:32 | 遠吠え
月曜は日本橋でCASAGEN!
久々のCASAGENです。今年一発目です。
Trovaitaの料理はうまいっすよ~!
アットホームなキューバンライブに遊びに来てください。


■2/14(月) CASAGEN @ 日本橋 La TROVAITA(三越前)
         "Dia del Amor"
       open 17:00
        start 20:00 (2ステージ)
       ¥2,000(1drink付)
       ¥3,000(ワンプレートディナー&1drink付)

【CASAGEN】
  vo.CABRALES RUBER 
  tres.ウエキ弦太 
  perc.加瀬田聡

【問&予】
ラ・ トロバイータ:090-2252-3014
※会場の都合上、事前のご予約をお勧めします。
c0152777_2391540.jpg

[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-12 23:12 | 音楽
気質
昨日、久々にキューバに電話した。
2/9は僕のキューバのおばあちゃんの誕生日。
確か、今年で95歳になったはず・・・・
でもむちゃくちゃ元気だった。
4年前と変わらない。

10分ちょっとの電話で僕が話せるのはほんのわずか。
ほとんどおばあちゃんがしゃべりっぱなし。
呪文のようにしゃべりつづけ、最後はいつも「電話代が高いんだからもう切りなさい」と
こっちの国際電話の費用を気にして一方的に電話を切っちゃう。

キューバは基本的には一般の家から国際電話はかけられない。受けるだけ。
だから、おばあちゃんと電話で話したいときには僕のほうからかけるしかない。
自分から電話を切るなんてホントは言いたくないんだろうな。

キューバ人は江戸っ子気質を持ってると思う。
重い荷物を持って階段を登ってると何も言わずに手を貸してくれ、
こっちのお礼も聞かずに黙って去っていくし、
人の家に行った時に食事を振舞われても、腹ペコなのにみんな配給がギリギリなのを知ってるから「今、食べてきたところなんだ」と言って遠慮する。

なんかこう、内に秘めるというか。

貧しいがゆえにお互いを思いやって助け合う。
今の日本、特に都会にはなかなかないんじゃないかな。

近い将来、江戸っ子気質をキューバ人から習う日が来たりして。。。

キューバのおばあちゃん、マリア・フローラ
c0152777_6103039.jpg

[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-10 06:14 | 遠吠え
フラメンコ
先日の日曜日、最近の僕の中での一番の大仕事のフラメンコのステージが無事に終わりました。
以前から興味はあったものの実際にはやったことなかったフラメンコ。
今回縁あって、しかも 日本フラメンコ協会設立20周年記念公演という
大きな節目のステージで演奏させていただきました。

バンドメンバーもダンサーの皆さんもいい人たちばかり。
文字通り右も左もわからない僕を寛大な心で見守っていただきました。


まず、参考にCDを聞こうと思ってもどのアーティストを聞いたらいいかわからない、知らない。

そして、リズムの取り方が「1、2、3、4、5、6・・」じゃなくて
なぜか12から始まる 「12、1、2,3,4,5・・・」

リズムの種類、踊りの種類も???
「ソレア」「シギリージャ」「ブレリア」・・・・

スペイン語は知ってるけどそんな単語は聞いたことないし。


この1ヶ月半、車の中ではほとんどフラメンコ流してました。
おかげでいろんなこと勉強させてもらいました。

一番解釈に苦しんだのがブレリアの部分。
ダンサーのキメや細かい動きに合わせてカホンを叩く。
最初はどこに合わせていいのかまったくわからなかったけど、
本番のステージ中に「あ、もしかしたらこんな感じかも。。。」っていう場面があった。
最後の最後でなんとなくわかったような気がする。

苦しんだ分、かなりの達成感がありました。
車だったので打ち上げでは酒飲めなかったけど、次の日自宅のコタツでしっかり打ち上がりました。
なかなか面白いな。。フラメンコ。

本番終わっても、今しばらく車の中はフラメンコです。


これはちょっと違うフラメンコだな。
なんてったって、眉毛がすごい。。。。
c0152777_21201453.jpg

[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-08 21:22 | 音楽
病。
c0152777_15201040.jpg

タミフル・・・・・
今までニュースでしか聞いたことのなかったこの薬に
まさか自分が世話になるなんて。。。

日曜日の友石さんのソロライブあたりからなんとなく体調がおかしくなってた。
薬飲んでも頭痛治らないし、なんとなくボーっとする。
なんとか気力でライブは終わったけど、今となってはほとんど記憶にない状態。
片付けもメンバーにほぼ任せきり(スンマセン・・)、打ち上げも出ずに意識朦朧と車を運転して帰宅。

熱を測ると37.3℃。
普段平熱が35.9℃だからキツイことはキツイけど、ぶっ倒れるほどでもない。

翌朝、37.5℃と微増。
近所の内科へ行ってみる。
元来、丈夫なせいか内科にかかることはほとんどない。
風邪を引いても寝込むほどでもないし、ましてや医者にかかるなんて。

検査の結果、あっさりと「インフルエンザ 香港A型」決定。

タミフルを処方してもらい帰宅。

ここからがキツかった・・・

帰宅と同時に、ものすごい悪寒と体温の急上昇。
人生タイ記録の38.9℃を記録!
湯たんぽ抱いてるのに寒いっ!!!
布団の中で身体中をさすりながら暖める。眠るどころの話じゃない。

幸い、タミフルのおかげで翌朝には熱も下がり、今日晴れて外出解禁となりました。

今思えば、13年前に寝込んだとき(人生初の38.9℃を出したとき)もしかしたらインフルエンザだったのかも。
今回の症状にすごくよく似てる。
あの時は医者に行く気力もなく1週間くらいアパートで寝込んでた。
身体を冷やすものがなく、冷えピタ欲しいあまりに幻覚まで見た。

このときの教訓が「冷えピタ常備」

13年ぶりに役に立ちました。
[PR]

by sato-de-perro | 2011-02-03 15:22 | 遠吠え